米作りに挑戦する条件

現在では、一般の人も米作りに興味があるようです。日本各地で一般の人たちに田んぼを貸して米作りを体験してもらう取り組みがなされています。

サイトトップ > 里山のお米づくりプロジェクト

スポンサードリンク

米作りに挑戦する条件

里山のお米づくりプロジェクト


「里山のお米づくりプロジェクト」とは、実際に田んぼを借りて米作りを体験できるプロジェクトです。このプロジェクトが行なわれる場所は、愛媛県東温市河之内地区であり、昔ながらの棚田が残されているところです。


「里山のお米づくりプロジェクト」は、この河之内の棚田を使用して行われます。お米づくりのコースは、参加者の希望に合わせて「おまかせコース」「こだわりコース」「超こだわりコース」「里地里山コース」の4コースを設定しています。


前回までの参加者の声を聞くと、自分の手で育てて収穫したお米の味は何にも勝る、と非常に好評のようです。参加者の応募条件としては、充実したお米づくりを目指す意志があること。年数回の地域行事や共同作業に参加できること。地元集落の住民と利用者同士が積極的に交流できること、となっています。


基本的には、水田1枚を1区画として、区画毎の契約をすることになります。参加者は、安全講習と技術指導を受ける必要があります。毎日の水管理は指導農家が行い、基本的な作業道具は共用のものを用意しています。


契約価格は1a 30,000円からとなっており、その中には指導料や苗代、機材使用料、水管理料を含んでいます。棚田1枚の面積は平均約3aです。この面積の田んぼから、通常約120kgのお米が収穫できます。


米作りに挑戦する条件

MENU



スポンサードリンク